水戸・つくば・日立

都道府県魅力度ランキングで、しばしばワーストワンに選ばれてしまう茨城県。しかし、メディアのイメージに捉われなければ、その魅力に気づけるでしょう。
茨城県には、日本最大の高さからバンジージャンプできる「竜神大吊橋」、日本三名瀑で高さ120メートルの「袋田の滝」、ビール好きにはたまらない「茨城アサヒビール工場」、東京ディズニーランドの5倍の広さで花々の景観を楽しめる「国営ひたち海浜公園」などのスポットがあります。
茨木県の三大都市と言えば、水戸市、つくば市、日立市です。起業や創業支援にも注力しています(2019年12月現在)。水戸市では、国の認定を受けた「水戸市創業支援事業計画」を展開。株式会社の設立時に税率の軽減措置や融資保証枠の拡充といった支援を受けられます。
つくば市も、同様に「創業支援等事業計画」を国から認定され、「つくば市経済部産業振興課」を中心に起業や創業の支援を行っています。
日立市では、「シェアオフィスを通じた創業支援」や「女性のための創業塾」、「商店街まちの起業家支援事業」といった支援事業を展開しています。
水戸駅には、常磐線や水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線などが乗り入れています。東京の上野駅まで約65分、都内にも通いやすいです。つくば駅には、つくばエクスプレスが通っています。つくばエクスプレスは、つくば駅から北千住駅や秋葉原駅を結んでいます。秋葉原駅まで最速45分で移動できます。日立駅に乗り入れている路線は、常磐線です。水戸や上野、高萩、いわき方面へ移動できます。
茨木県は、海や紅葉といった自然、メロンや常陸牛といったグルメなど、さまざまな魅力を持っています。他で得られない魅力を感じながら、水戸市、つくば市、日立市でレンタルオフィスやシェアオフィスを使って、ビジネスの成長を目指してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る