人形町

歴史と伝統の粋な下町、人形町。江戸時代には「猿若座」が誕生し、歌舞伎街として栄えました。庶民から大名まで大勢が芝居を楽しむにぎやかな街でした。芝居に使う人形を「つくる」「修理する」「商う」といった立場の人々が住みついたことから「人形町」という名前になったといわれています。
周辺には、安産・子授けの神様を祀る「水天宮」や七福神を祀る8つの神社、伝統工芸品の集まる「甘酒横丁」など、下町風情の薫るスポットが集まっています。
交通の便は、人形町駅で東京メトロ日比谷線、周辺の水天宮前駅で半蔵門線、浜町駅で都営新宿線を利用できます。北千住や恵比寿、永田町、飯田橋、新宿といったビジネスエリアへのアクセスも可能です。
歴史的な背景から、オフィス街には老舗の商店や歴史ある企業が集まっており、特に繊維問屋や製薬会社が拠点を構えています。賃料相場はお手ごろで、中小規模のオフィスビルの多いエリアとなっています。
人形町でオフィスを構えるなら、コワーキングスペースやレンタルオフィスを活用してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る