高松市

うどん県として全国で知られている香川県。香川県は、日本で最も小さな面積の県ですが、他にも特徴を持っています。例えば、香川県から生まれた有名人は、大平正芳(第68・69代内閣総理大臣)、大社義規(日本ハムの創業者)、平賀源内(発明家、蘭学者)など。大型小売店数は全国6位、飲食店数全国12位と、BtoC向けのサービスが整っています。救急病院数は全国2位、救急自動車搬送所要時間は全国3位を誇ります(いずれも2019年12月現在)。こういった知られていない魅力を多く持っています。
香川県の中心市となるのが、高松市です。高松市には、国の特別名勝に指定され、東京ドーム3.5個分の広さを持つ「栗林公園」、四国最大の高層タワー「高松シンボルタワー」、ガラス灯台の「せとしるべ」、ホテルやレストラン、公園の集まった「サンポート高松」などがあります。また、高松駅周辺には、「マリタイムプラザ高松」や「COM高松」、「瓦町 FLAG」といった商業施設も集まっています。
高松市は、「たかまつ移住・起業応援プロジェクト」と題して、首都圏からの移住者・起業家を支援しています(2019年12月現在)。既に何名もの若手経営者が高松市での起業に成功しています。また、「高松市創業支援等事業計画」では、創業塾や個別相談、セミナーの開催などを通して、創業・起業の支援も行っています。
高松駅に乗り入れている路線は、予讃線や高徳線など。予讃線は高松駅と宇和島駅を、高徳線は高松駅と徳島駅を結びます。また、高松港からは、直島や豊島、小豆島、女木島、男木島といった瀬戸内海の島へアクセスできます。
香川県高松市という地方都市で、瀬戸内の豊かな自然を感じながらビジネスに専念してもいいかもしれません。高松市でレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースを探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る