バーチャルオフィス、コワーキングスペース、シェアオフィス、レンタルオフィス、賃貸オフィスの違いは何?

94e521b7-d808-45d5-aae3-a7b0d8e899bd

限られた時間の中で集中し、スムーズに成果を出すためには、仕事をする環境が非常に大切です。
よりよい環境を求めて仕事の拠点を探していると、オフィスと一言で言ってもいろいろな 種類があることに気づくでしょう。


今回は、そんなオフィスの種類について解説していきたいと思います。

まずは、オフィスそれぞれの特徴を知る

コワーキングスペースとは?

初めにコワーキングスペースについてです。コワーキングスペースというのは、一般的には共働ワークスペースのことです。事務所や打ち合わせをする場所など、スペースのみを共有しながらそれぞれ独立した仕事を行っている場所を指しています。

広々としたオープンスペースとなっていることが特徴ですが、最近は個別ブースも設けているところもあります。

シェアオフィスとは?

複数の利用者が、同じ一つの空間を共有しているのがシェアオフィスです。コワーキングスペースとよく似ており、その境界線は実はそんなにはっきりしていません。

あるビルではコワーキングスペースと読んでいる同じ仕様のものを、こちらのビルではシェアオフィスという名称で貸しているという感じです。

パーテーションなどで簡易的にひとつひとつのオフィス空間が区切られているタイプのオフィスや個別ブースを設けているオフィスもあるので、プライバシーをある程度保ちたい場合はそのようなタイプのシェアオフィスを探すといいでしょう。

物件のオプションを利用すれば、業務に利用する機材などの整備や、固定電話・インターネット回線の導入も可能です。

部屋の画像

賃貸オフィスとは?

一般的によく耳にするオフィスといえば、賃貸オフィスでしょう。
自社のみで独占する物件を賃貸契約して、業務を行うというものです。

不動産業者などを仲介として空室を借りる形となるため、実際に始業するまでには時間と費用が必要となってきます。
まず物件を契約し、保証金や賃借料、仲介手数料などを支払い、オフィスの設備を整え、場合によってはLAN工事などをし、移転するという、初期の一連の作業が生じます。

レンタルオフィスとは?

賃貸オフィスとよく似た名前のレンタルオフィスですが、これは賃貸事務所の一部分を区切って、占有のオフィススペースとしたものを指します。賃貸オフィスに比べると、小規模なオフィスとなります。一口にレンタルオフィスといってもいろいろなタイプがあり、個室となったものや、スペースのみのものなど多様です。

設備も、机と椅子等の用意があるタイプや、占有スペース以外にも他社との共有スペースとして会議室・打ち合わせスペースがあるタイプなど選択肢が豊富になっています。占有スペースを使用するため、セキュリティ面を気にする人は賃貸オフィスかレンタルオフィスがいいでしょう。

バーチャルオフィスの画像

バーチャルオフィスとは?

少々、耳慣れないバーチャルオフィスとは、その言葉の意味のとおり、仮想の事務所を指しています。
つまり、オフィスとしての個室や占有するスペース自体は所有することなく、事業のみを行うという場です。
そこで必要となる住所や電話、郵便物の受け取りと転送といったやり取りはできるよう、事務所の機能だけを用意しているサービスがバーチャルオフィスというものです。

中には、共有の会議室やデスクスペース、ロッカーを使うことのできるサービスや、電話応対を代行するサービスも存在します。

それぞれのオフィスにピッタリ合う働き方は?

仲間を見つけるなら、コワーキングスペースを

コワーキングスペースは、主に起業家やフリーランスが多く利用していて、直接的に同じ仕事をしているわけではないものの、利用者同士が価値観を共有でき、交流や懇親が期待できる場でもあります。

そのため、セミナーやイベントなども積極的に行われており、入居者同士のコミュニティを作り上げることも重視されています。

同じ業種、異なった業種など、さまざまな仕事を持った利用者と知り合って情報交換などもできるのが、コワーキングスペースの良さといえるでしょう。

低コストで高機能なシェアオフィス

一般的なオフィスに比べればはるかに低予算で利用することができるのは、シェアオフィスの魅力の1つです。仕事上、利用したい設備を不足なく使えるので、あまり手間をかけずに業務をこなしていきたい場合には大いに活用できるでしょう。

ただし、フリーアドレス制のオープンスペースを借りる場合には、機密の保持などは、あらかじめ某かの対策を立てておくほうがよさそうです。

オフィスの画像

起業で信頼も築ける賃貸オフィス

賃貸オフィスといえば、なんといっても自社でオフィスを確保していることで信用を得られやすいというメリットがあります。
一定規模以上の人数での業務を行うのであれば、賃貸オフィスが向いています。
もちろん、周囲に合わせるのではなく、思うがままの内装の設計にすることも可能です。 業務に合った使い勝手に変更するもよし、個性を大いに発揮するもよしというわけです。

ただし、家賃だけでなく敷金や会社を始めるにあたって準備するものなど、イニシャルコストがかなりかかりますから、それらが準備できるなら、という前提があります。

予算が十分にあり起業による信頼度、オフィスを構えることによる自由度を求めるのであれば、賃貸オフィスをおすすめします。

手軽にハイグレードな環境が得られるレンタルオフィス

賃貸オフィスを持つのが理想的ではあるももの、契約手続きが煩雑なうえ、そこまで大規模なビジネスを繰り広げようとしているわけでもない。そのようなニーズに応えられるのが、レンタルオフィスです。

業務で使いたい設備なども用意されているので、入居次第、すぐさま仕事に取りかかることもできます。オフィスの管理などに煩わされず、業務に集中するにはうってつけです。

ハード面へのコストを抑えたい場合にも、レンタルオフィスは向いています。ハイグレードな物件でも比較的割安に利用することができ、初期費用も限定することができます。

また、レンタルオフィスに付随しているサービスも見逃せません。受け付けや秘書サービスなど、起業者のビジネスを後押ししているものが多いのです。

作業場所以外はほぼ必要ならバーチャルオフィス

バーチャルオフィスが他のオフィスと一線を画している点は、実際に作業する場が存在しないということです。

会社として機能する必要はあるものの、業務を行う場が自宅や取引先など他にある場合は、バーチャルオフィスが向いています。執務をするスペースがない分、バーチャルオフィスは比較的経費もかかりません。フリーランスのみならず、会社を設立する際にバーチャルオフィスを利用するという選択肢もあります。起業のステップを楽に踏む手助けとなりそうです。

まとめ

今回、5つのオフィスについて解説しましたが、この区分けはあくまでも一般的なものです。物件によっては、たとえばシェアオフィスであっても個別ブースが用意されていたり、レンタルオフィスであっても複数人で利用できたりと、区別があいまいなところもあります。

区分けは数多ある物件の選択肢を見極めるための大まかな目安として、オフィスを探していくと良さそうです。

異業種あるいは同業種の者同士の交流を求めているのか、ひたすら作業に没頭したいのか、信頼性を得たいのか、セキュリティを重視したいのか。目的と用途に合っているオフィスを選ぶために、自身のニーズをよく整理して、ぴったりあうオフィスを手に入れたいものです。

poster
JUST FIT OFFICE マガジン編集部
投稿者紹介
はじめまして!当サービスの執筆を担当している「JFO マガジン編集部」です。宜しくお願い致します。私たちは、オフィス探しに限らず、起業や創業、移転に付随する様々な情報をご提供させていただき、少しでも皆さまのお手伝いが出来ればと考え、執筆しています。