青森・八戸・弘前

青森県は、古く縄文時代から人々が住みつき、明治維新の廃藩置県によって弘前県が誕生。後に青森県と名称が変わった歴史を持ちます。青森県と言えば、お祭りでしょう。「青森ねぶた祭」、「弘前ねぷたまつり」、「八戸えんぶり」は、全国各地から人々が毎年訪れます。自然に囲まれた青森県は、「八甲田山」や「浅虫温泉」、「野木和湖」といったスポットも有名です。
青森県内で青森市、八戸市、弘前市に人口の約6割が集まっています。物価は全国平均よりも低く、ビジネスの拠点として初期費用を抑えて活用できるでしょう。
青森市には、「LOVINA(ラビナ)」や「サンロード青森」、「ドリームタウンALi」などのショッピングモールがあります。八戸市では、「LAPIA」や「ピアドゥ」、「チーノはちのへ」、弘前市では、「APPLIESE」や「HIRORO」、「イオンタウン 弘前桶の口」などが有名です。
青森駅には、八戸・目時方面の青い森鉄道線、広前・大館・秋田方面の大羽本線、蟹田方面の津軽線などが乗り入れています。弘前駅には、奥羽本線や弘南線、五能線などが通っています。八戸駅には、青い青森鉄道線や新幹線が乗り入れています。ちなみに八戸駅は、日本最東端の新幹線駅。その他に、青森県では路線バスが充実しているため、移動手段として便利に使えるでしょう。
また、有名なスポットは、青森市に2011年にオープンした「ねぶたの家 ワ・ラッセ」や八戸市で新鮮な魚介類や農産品を味わえる「八食センター」、県ゆかりの作品が数多く並ぶ「青森県術美術館」、弘前市に16世紀頃に建築された「弘前城」などがあります。
青森市、弘前市、八戸市を拠点とすれば、地元の歴史や文化、自然といった魅力を感じながらビジネスに集中できる環境が整うでしょう。レンタルオフィスやシェアオフィスを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る