那覇市

観光地として世界的にも有名な沖縄県。「海がきれいで自然豊か」や「異国情緒を味わえる」といった魅力は当然ですが、その他にも魅力が豊富です。まず、気候が安定していて、真冬であっても最低気温が10度を下回ることはほとんどありません。一方で、真夏でも35度を超える日はそうありません。県内には13の空港があり、国内外へのアプローチも容易です。国内線では、札幌や東京、大阪といった各地への直行便が運行され、国際線では台湾や中国、香港といった東南アジアのアクセスも充実しています。

那覇市には、約200種類の動物を見られる「沖縄こどもの国」、1,300種類以上の熱帯・亜熱帯植物を有す「東南植物楽園」、県内最大の商店街「国際通り」、沖縄グルメを堪能できる「那覇市第一牧志公設市場」といったスポットもあります。

また、沖縄県の移動手段は少し本土とは異なります。沖縄県は、国内で唯一JR路線の無い都道府県。沖縄都市モノレールが、那覇空港と沖縄市内を結んでいます。那覇市内の交通手段は、主に車です。タクシーの初乗り料金が本土に比べても安いです。公共交通機関では、路線バスが整っていて、4社のバス会社が本島全域をカバーしています。離島へは、飛行機や高速フェリーで移動できます。

那覇市では、「那覇市創業支援事業」に基づき、創業や起業に関する相談やアドバイス、情報提供、セミナーの実施などを行っています。沖縄県から創業者・事業継承者に対する支援貸付も受けられます(2019年12月時点)。

その他、沖縄では移住を「UJIターン」と呼び、サポートをしています。各自治体で行政支援を行っています。例えば、那覇市では「こども医療費助成」、沖縄市では「市民雇用一人につき5万円支給」、豊見城市では「事業資金の援助、最大500万円」といった支援を受けられます(2019年12月時点)。

沖縄県や那覇市に移住して起業や創業、ビジネスを進めるには、これらの支援を活用するといいでしょう。また、コストを抑えるために、レンタルオフィスやシェアオフィスをオフィスとして利用してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る