高崎・前橋

「群馬」の由来は、奈良時代に遡ります。それまで郡名「車郡(くるまのこおり)」と呼ばれていた土地が、「群馬郡(くるまのこおり)」に改称されたのがきっかけです。明治時代の廃藩置県により、現在の群馬県と名づけられました。
群馬県は、こんにゃくいもやモロヘイヤ、ふきのとうといった農産物で全国一の生産量を誇ります。「草津温泉」や「伊香保温泉」といった温泉街に加え、「富岡製糸場」や「吹割の滝」といったスポットも有名です。
高崎市では、1400年前以上に建立された「榛名神社」、福ダルマ発祥の地でもある「少林山達磨寺」、市内の夜景を楽しめる「高崎市役所展望ロビー」などが有名。前橋市では、中央児童遊園地の「前橋るなぱあく」や地上32階から赤城連山を見渡せる「群馬県庁32F展望ホール」なども有名です。
前橋駅は、両毛線が乗り入れています。前橋駅から直通で東京駅や新宿駅にアクセスできます。伊勢崎や桐生方面にも通じています。高崎駅は、JR東日本の新幹線・在来線の他、上信電鉄の上信線が運行しています。高崎線では埼玉や東京へ、上越線では渋川や越後湯沢へのアクセスが可能です。新幹線では、上越新幹線と北陸新幹線が乗り入れています。
前橋駅周辺の商業施設には「けやきウォーク前橋」や「ガーデン前橋」、「コストコ前橋」など、高崎駅周辺には「高崎モントレー」や「イーサイト高崎」、「高崎オーパ」などがあります。駅近のショッピングモールも多いため、利便性は高いです。
群馬県産業支援機構の運営する「創業支援センター」では、創業期の相談や市町村や商工会議所との連携をサポートしてくれます。また、県内では「エンジェル税制」を導入しています。これは、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。スタートアップやベンチャーが個人からの出資を受けやすくなっています。こういった支援制度が群馬県では整っています。
関東や東北へアクセスでき、自然の豊かな土地、群馬県前橋市・高崎市で、事業を進めてみてはいかがでしょうか。まずは、拠点となるコワーキングスペースやレンタルオフィスを探してみてください。

続きを読む
TOPに戻る