台場

アメリカのペリー率いる黒船が開国を求め、それに危機を感じた江戸幕府が6つの砲台(台場)を設置したことがその由来となっています。
現在は、多世代の楽しめる観光地として人気のエリアで、テレビ局を見学できる「フジテレビ本社ビル」や、最先端テクノロジーを体験できる「日本科学未来館」、「お台場海浜公園」、「ダイバーシティ東京」といったスポットもあります。
交通アクセスでは、お台場駅にゆりかもめ、東京テレポート駅にりんかい線が乗り入れています。豊洲や新橋といった方面や、渋谷、新宿、池袋にもアプローチ可能です。
1985年ころにスタートしたお台場エリアの「臨海副都心開発」は、一時は計画をストップした時期もありましたが、大手企業による業務集積も進むように。このエリアのオフィスの魅力は、目の前に広がる海や空の大自然を臨め、各施設が近くにあり、リーズナブルに入居できることでしょう。
再開発も順次進み、さまざまな魅力を持つお台場エリアで、オフィスを構えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る