尼崎・姫路・伊丹

関西屈指の港町として栄えてきた兵庫県。明治1年に兵庫港ができ、伊藤博文が初代県知事となりました。大正13年に甲子園球場が造られ、昭和38年に日本初の高速自動車国道が開通。平成7年の阪神淡路大震災を乗り越え、神戸空港の開港や神戸マラソンの開催など、経済や文化の面で栄えてきました。

兵庫県は、尼崎市、姫路市、伊丹市などの中核都市があります。
尼崎市は、芸人のダウンタウンを生んだ街です。その他に、春夏秋冬で姿を変える「武庫川河川敷緑地」や、海上交易の拠点となる「尼ロック(尼崎閘門)」といった景観を楽しめるスポットもあります。
姫路市では、ユネスコの世界文化遺産に登録された「姫路城」、甲子園球場48個分の広大な敷地を持つ大型娯楽施設「姫路セントラルパーク」などが有名です。
伊丹市は、伊丹空港近くの公園「伊丹スカイパーク」やフランスの芸術家オノレ・ドーミエの作品を始め、ヨーロッパの作品を集めた「伊丹市立美術館」などがあります。

尼崎駅の乗り入れ路線は、東海道本線や福知山線、東西線など。姫路駅には、山陽新幹線や山陽本線(神戸線)、播但線、姫新線などが乗り入れています。新幹線の停車駅なので、広島や福岡、名古屋、京都といった遠方にもアクセスが容易です。伊丹駅は、宝塚や三田、尼崎・大阪方面に向かう福知山線(宝塚線)が通っています。

兵庫県では、女性向けの「女性起業家支援事業」やミドル世代(満35歳以上55歳未満)向けの「ミドル起業家支援事業」といった創業・起業支援を展開しています(2019年12月現在)。起業や創業をバックアップできる体制を整えています。

兵庫県の尼崎市、姫路市、伊丹市でコワーキングスペースやレンタルオフィスを活用して、ビジネスに挑戦してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る