石川県

石川県といえば特徴的な地形です。日本の中央の北陸部に位置し、南西から北東に向かって細長い地形となっています。石川県はその独特な地形から大きく3つに分けることができます。3つのエリアはそれぞれ異なる特色を有しており、様々な表情を見ることができます。上部にあたる「能登エリア」は日本海に突き出したエリアとなっており、海だけでなく緑が多く見られ、時間の流れもゆっくりに感じるでしょう。次に、中部にあたる「金沢エリア」は県庁所在地のあるエリアで兼六園をはじめとする観光スポットが集積したエリアとなっています。最後に、下部にあたる「加賀エリア」は温泉地が有名です。数多くの温泉があるため温泉巡りで有名なエリアとなっています。また、アクセス面では、羽田空港と成田空港の両方と繋がる定期便があり、約1時間で移動が可能となっています。

続きを読む
TOPに戻る