八丁堀

八丁堀の名前は、江戸時代に長さ八丁(約880メートル)の堀があったことに由来しています。周辺では、江戸中期には酒問屋の街として活気づき、明治初期には国内初の銀行「第一国立銀行」が誕生。渋沢栄一らによって「東京証券取引所」が建てられ、「日本のウォール街」としても有名です。
アクセス面では、八丁堀駅にJR京葉線、東京メトロ日比谷線、新富町駅に東京メトロ有楽町線が乗り入れています。池袋や有楽町、恵比寿、船橋といった各方面へのアプローチも可能です。
また、八丁堀のある中央区は、銀座や日本橋といった都内最大の商業地であるため、そこに付随する形で人気のあるエリアです。また、八丁堀近辺における再開発事業もプランされているため、さらなる進化を遂げる可能性のあるエリアといえます。
八丁堀で、コワーキングスペースやレンタルオフィスを利用してオフィスを構えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る