京橋・宝町・八丁堀

このエリアは、隣接するショッピングエリアの利便性を享受しつつ、落ち着きのある街なみでビジネスを展開できるのが特徴です。
京橋は、古くは商店街として活気づき、昭和期に美術・骨董品通りへと姿を変えました。現在では、100以上のギャラリーの集まった歴史・文化的なエリアです。八丁堀は、江戸時代に長さ八丁(約880メートル)の堀があったことからその名前をつけられたとされます。江戸中期には酒問屋の街として活気づきました。
現在、エリア内には複合ビルの「東京スクエアガーデン」や「京橋エドグラン」、建築・デザインをテーマにする「LIXILギャラリー」などのスポットもあります。
アクセス面では、京橋駅に東京メトロ銀座線、八丁堀駅に日比谷線、宝町駅に都営浅草線が乗り入れています。浅草線で羽田空港・成田空港へアプローチできることから、グローバルビジネスを見すえた企業がオフィスや事務所を構えています。また、日本最大のターミナル駅である東京駅までは徒歩圏内。東京駅から千葉や神奈川、埼玉などへのアプローチも可能です。
京橋のオフィス街は、日本橋や銀座といったショッピングエリアの中心に位置するため、賃貸オフィスの人気は高いです。宝町は、主に高層ビルの立ちならぶオフィス街となっていますが、下町を感じさせる老舗店なども残存し、新旧を併せ持つエリアです。賃料相場は、周辺の日本橋と同等、新橋より割安です。また、八丁堀は、近辺での再開発もプランされているため、さらに進化を遂げる可能性があります。
このエリアでビジネスをはじめるなら、コワーキングスペースやレンタルオフィスを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る