元町・旧居留地

居留地の正式名称は、「神戸旧外国人居留地」。19世紀の開国から、外国人の住む場所として指定されたのをその名の由来にしています。外国人が住み始めたことで、海外の都市開発技術を基に格子状街路、公園、外灯、下水道などの機能、洋風建築の美を兼ね備えた都市機能を有すようになりました。例えば、昭和の名建築として名高い「神戸市立美術館」、国の重要文化財に指定されている「旧居留地15番館」、ミラノやパリを彷彿させる「大丸神戸店」などが有名。
元からあった町「元町」には、全長約1,200m、約300店のお店が集う「神戸元町商店街」があります。140年以上に渡る歴史で生まれた創業100年を超える老舗は、約20店舗。古くから愛されています。神戸の中心街に位置する商店街は、利便性が高くショッピングに役立つでしょう。
交通の便では、海岸線が乗り入れる旧居留地・大丸前駅、JR神戸線や阪神本線、神戸高速線の乗り入れる元町駅などがあります。歴史ある元町・旧居留地エリアでコワーキングスペースやシェアオフィスを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る
※1 調査期間:2020年2月~2021年6月 ご利用者様アンケート(当社調べ)。数値はサービスへの満足度(4段階)のうち、「満足」「大変満足」の合計値。
※2 利用期間:2019年4月~2021年7月 利用ユーザー数(当社調べ)
※3 2021年7時点のプラン掲載数
※調査方法:インターネット調査、2022年1月 サイトのイメージ調査、調査提供:日本トレンドリサーチ