西馬込

馬込は自然豊富な山の手に広がる閑静な住宅街です。大正末期から昭和初期にかけて多くの多くの文士・芸術家が移り住んでいたことから「馬込文士村」とも呼ばれ、エリア内には多くの記念館や居住跡案内板が建てられています。歴史ある神社仏閣が多く残されており、文豪たちが愛した清閑な街の趣が現在にも引き継がれています。街には「馬込桜並木」や「馬込自然林」などの自然を楽しめるスポットが多くあり、特に「馬込シクラメン園」では30種1万鉢ものシクラメンを見ることが出来ます。駅には都営浅草線が乗り入れており、都内各地へのアクセスも良好な街となっております。環状七号線、国道一号線といった大通りもあるため、車を利用した移動もスムーズに行えます。

続きを読む
TOPに戻る