十三

十三は大阪を代表する下町情緒溢れるエリアとなっています。西と東の両改札の先には異なる複数の商店街が広がっており、それぞれ異なる商店街の雰囲気を味わうことができるのも十三の醍醐味となっています。そういった商店街には老舗やグルメの発祥地の飲食店が多く軒を連ねています。「安くてうまい!」そんなお店が集まっており、大阪人のソウルフードであるネギ焼きは十三の商店街で生まれました。また、十三は各地方から集まる人の中間地点としての役割を担っています。淀川に面する十三の対岸には大阪キタの中心地である目だがあり、電車で約3分での行くことができます。さらに、十三駅には阪急神戸本線、阪急宝塚本線、阪急京都本線が乗り入れているため、大阪はもちろんのこと、神戸や京都へ乗り換えなしでアクセスすることが可能となっています。多くの人々が立ち寄る独特な情緒が溢れる街、それが十三の大きな特徴となっています。

続きを読む
TOPに戻る