下関

下関は本州の最西端に位置するエリアです。その立地から、古くより九州や中国・朝鮮半島といったアジア大陸からの本州の玄関口として栄え、江戸時代には「西の浪華」と呼ばれるほどの賑わいを見せました。現在においても下関を中心に大規模な都市圏を築いており、経済面においても県内最大規模を誇っています。そのため下関エリアに本社や営業拠点を置く企業も多く、中国・四国地方最大の金融グループである山口フィナンシャルグループを始め、中国・四国地方を代表する大手企業の多くがこの街に拠点を構えています。
下関は三方を海で囲まれ、響灘を流れる対馬海流の影響もあり、一年を通して過ごしやすい気候が続きます。交通の便にも優れ、駅は山陽新幹線を始めとした多くの路線が乗り入れています。山陽道・山陰道の結節点にあたるため車を使ってのアクセスもよく、非常に利便性の高いエリアとなっています。中国・四国地方の新たな拠点を考えている方や新規でビジネスを始めようと考える方には特におすすめのエリアとなっています。

続きを読む
TOPに戻る