築地

「東京都中央卸市場」のルーツは、江戸時代に漁業を認められたことにはじまり、1935年から2018年まで83年に渡って、日本の台所としての役目を果たしてきました。
今後、築地は大きく生まれ変わります。約23ヘクタールの市場跡を2040年までの大プロジェクトとして、再開発を進めます。
方針では、全体を4ブロックに分けて国際会議場やホテルなどの「おもてなしゾーン」、集客施設などの「交流促進ゾーン」、交通ターミナルの「ゲートゾーン」、船着き場やレストランなどの「水辺の顔づくりゾーン」に。
現在は計画を進める段階にありますが、東京オリンピックを終えてからその動きをスピードアップさせる見込みです。今後の発展に注目の集まるエリアといえます。
アクセス面では、築地駅に東京メトロ日比谷線、新富町に有楽町線が乗り入れています。六本木や銀座、北千住、中目黒、池袋、有楽町といった各エリアへアクセス可能です。
オフィス街は、築地四丁目交差点をメインに集まり、周辺エリアと比べると割安の賃料となっています。近隣には「国立がんセンター」や「朝日新聞 本社ビル」などのスポットも。
未来に期待を寄せられる築地エリアで、オフィスを構えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る