京橋・大阪ビジネスパーク(OBP)

大阪府城東区や豊島区に位置する京橋エリア。京橋駅は、京都電鉄やJR西日本の大阪環状線、大阪メトロ長堀鶴見緑地線が乗り入れています。1日の乗客数は、約20万人。交通の要となっています。
有名な商業施設は、駅直結の「京阪モール」、飲食店の集積した「京橋コムズガーデン」、昔ながらのディープな下町「京阪京橋商店街」など。大阪城のそびえ立つ「大阪城公園」やコンサート会場の「大阪城ホール」、日本三大祭りの「大阪天神祭」の開催地などもエリア周辺にあるため、文化面でも充実しています。プライベートも楽しめる魅力的な立地は、ビジネスの質を高めてくれるかもしれませんね。
京橋駅の片町出口からは、大阪ビジネスパーク(OBP)まで「大阪城京橋プロムナード」を渡って一直線。大阪城京橋プロムナードは屋根もあり、雨の日も傘を使わずにエリア内を行き来することができます。超高層ビル群と都市公園で構成されている大阪ビジネスパーク(OBP)は、ビジネスを軸とした複合都市として発展しました。
約4万人のビジネスマンが日夜活動を続ける街、大阪ビジネスパーク。その誕生は1986年、30年以上遡ります。15棟の超高層ビルや文化施設の集まった都心のビジネスオアシスです。ここ大阪ビジネスパークは、読売テレビ、住友生命、KDDI、東京海上日動火災、富士通、日本電気など大手企業がオフィスを構える大阪の新都心で、新たなビジネスを立ち上げる際にも、多くの刺激が得られるに違いありません。
また、規模の異なる「OBP円形ホール」や「松下IMPホール」、クラシック専用の「いずみホール」、「大阪城ホール」などがあり、多種多様なイベントに対応しています。
これまでは、ビジネスや商業、文化を中心に開発を進めてきましたが、新たに教育や医療、居住といった領域で魅力創出を図る予定です。産学連携や外国人就業者受け入れの環境づくり、オフィス・ビジネスサポート機能の充実などを目指しています。今後、新たな分野における発展も見込めるこの街では、ビジネスの幅も大きく広がること間違いなしです。
エリア内の大阪ビジネスパーク駅には大阪メトロ長堀鶴見緑地線、京橋駅には京阪電鉄やJR西日本の大阪環状線が乗り入れており、アクセスも比較的良好です。
ビジネスにうってつけの京橋・大阪ビジネスパーク(OBP)エリアで、すぐに入居可能なシェアオフィス・レンタルオフィスを探してみませんか?

続きを読む
TOPに戻る