赤羽

赤羽は、かつて江戸時代に街道の宿場町として有名だった場所です。当時は「岩淵宿」とも呼ばれていました。一方で、荒川の水運を使った交易の拠点としても栄えてきました。
そんな赤羽の現在は、北区一のディープな街として人気のスポットです。駅近くに広がる歓楽街には毎晩大勢の人でにぎわっていますが、「エキュート赤羽」や「ビーンズ赤羽」、「赤羽アピレ」といったショッピング施設も集まっています。そのほか、「赤羽八幡神社」や「赤羽自然観察公園」といった文化的なスポットもあります。
アクセス面では、赤羽駅から池袋駅まで約15分、新宿まで約20分、新橋まで約25分。赤羽駅から徒歩10分ほどにある東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅から、飯田橋駅まで20分、永田町まで30分でアクセス可能です。
ディープな街を感じられる赤羽で、ビジネスの拠点を構えるならレンタルオフィスやコワーキングスペースを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る