小川町

古くは、鷹狩り用の鷹を飼育する鷹匠(たかじょう)の住む町でした。名前の由来はいくつかあり、清らかな小川や「小川の清水」という池があったからともいわれています。文人にゆかりがあり、俳人の「松岡子規」や小説家の「永井龍男」が務め、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台でもあります。
小川町駅は、都営新宿線が乗り入れています。都営新宿線からは、新宿や本八幡方面にアクセスできます。また、隣接する淡路町駅には東京メトロ丸の内線、徒歩圏内のJR神田駅には京浜東北線や中央線、東京メトロ銀座線、新御茶ノ水駅には東京メトロ千代田線がそれぞれ乗り入れています。
周辺には古き良き時代の風景が残存し、小ぶりなオフィスビルの集積しているエリアです。 東京駅に近く、丸の内や秋葉原に隣接する好立地にもかかわらず、賃料相場は割安となっています。
歴史や文化を感じつつ、落ち着いた街なみでビジネスに集中できるのが魅力的です。アクセスの利便性を求めつつ、オフィスのコストダウンを目指すなら小川町エリアでコワーキングスペースやレンタルオフィスを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る