秋葉原・神田

秋葉原は、様々な魅力を持つ街。東京駅まで電車で3分の場所にあります。JR山手線、京浜東北線、総武線、東京メトロ日比谷線、つくばエキスプレスの5路線が乗り入れており、東京都内だけでなく埼玉、千葉、茨城へのアクセスが良いエリアです。
秋葉原は、電気街やアニメやアイドルなどサブカルチャーの聖地としてのイメージが強いですが、世界的なIT拠点をめざしてている大型オフィスビル「秋葉原クロスフィールド」や「JR神田万世橋ビル」など次々と高層ビルが建てられており、IT系の会社が多く集まってきています。
交通アクセスの良さの割にはオフィスの賃料は安めのため、企業の支店やサテライトオフィスとしての需要も高まってきています。
駅近くには、時間貸しができるオフィスも。レンタルオフィスやシェアオフィスは、フリーランスの人たちから高い人気を集めています。
一方、秋葉原駅から徒歩5~10分の岩本町駅周辺は閑静とした住宅エリアがあり、秋葉原駅の周辺とは大きく環境が異なります。サブカルチャーの聖地、ビジネスエリア、住宅エリアという複数の一面を持つ秋葉原。オフィス拠点を置く街としても人気の高いエリアです。
神田は、江戸の活気溢れる街です。東京の下町代表格と言えば、神田。かつては、江戸っ子の聖地ともされていました。神田駅西口商店街は、約100店舗ものお店がズラリと並び、中腹には「佐竹稲荷神社」もあります。最新の商業施設もたくさんあるため、多くの人が集まります。例えば、万世橋駅の新旧を織り交ぜた「マーチエキュート神田万世橋」、2016年にオープンした「GEMS(ジェムズ)神田」など。
また、神田古書街には、文学や哲学から、洋書、自然科学までさまざまな古書を取り扱っています。このエリアにある古書店の数は、なんと約200軒。多種多様な書籍を手に取ることができます。神田エリアは、ビジネスで専門分野の研究を進めるために、最適の環境と言えるでしょう。
そんな神田駅には、JR京浜東北線や山手線、中央線、東京メトロ銀座線が乗り入れています。横浜方面や新宿、八王子方面などへのアクセスにも便利です。また、周辺にある新日本橋駅には、JR総武線(快速)が乗り入れています。そのため、千葉や成田空港方面へも直接アクセス可能です。
ビジネス街として人気の高い秋葉原・神田エリアで、レンタルオフィスやコワーキングスペースを探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る