東京・丸の内

東京・丸の内エリアは、東京駅丸の内中央口からまっすぐ皇居へ向かう行幸通り(ぎょうこうどおり)の左右、丸ビルや新丸ビルのある一角(丸の内1丁目、2丁目)で、南側は有楽町駅に近い東京国際フォーラムや帝国劇場のあるエリア(丸の内3丁目)も含まれます。
東京駅の新幹線・在来線の乗り入れは都内最多で、都心だけでなく関西や東北へのアクセスもよく、その利便性から銀行や証券会社など、多くの大企業が本社やオフィスを構えています。
国内でも最もオフィス賃料の高いエリアの一つとなっており、ベンチャー企業や起業家にとっては敷居がかなり高いエリアでもありました。
しかし現在、東京駅のリニューアルを含め、大規模な再開発が進められ、東京・丸の内は全く新しい街に生ま変わろうとしています。大規模なシェアオフィスがいくつも誕生し、新しくビジネスにチャレンジしようという人達に対しても門戸を開く動きが活発化してきているようです。

もっと読む