東京・丸の内・日本橋・大手町

東京・丸の内エリアは、東京駅周辺の街。東京駅丸の内中央口からまっすぐ皇居へ向かう「行幸通り(ぎょうこうどおり)」の左右、「丸ビル」や「新丸ビル」のある一角(丸の内1丁目、2丁目)、南側は有楽町駅に近い「東京国際フォーラム」や「帝国劇場」のあるエリア(丸の内3丁目)も含まれます。
東京駅の新幹線・在来線の乗り入れは都内最多で、都心だけでなく関西や東北へのアクセスもよく、その利便性から銀行や証券会社など、多くの大企業が本社やオフィスを構えています。
国内でも最もオフィス賃料の高いエリアの一つとなっており、ベンチャー企業や起業家にとっては敷居がかなり高いエリアでもありました。
しかし現在、東京駅のリニューアルを含め、大規模な再開発が進められ、東京・丸の内は全く新しい街に生ま変わろうとしています。大規模なシェアオフィスがいくつも誕生し、新しくビジネスにチャレンジしようという人達に対しても門戸を開く動きが活発化してきているようです。
日本橋は、伝統と革新の街。江戸で最も栄えた街と言っても過言ではないのが、日本橋です。かつての日本橋は、五街道の起点となる場所とされており、全国各地から商人や職人が行き交いました。現在の日本橋は、何度も再建を繰り返して第19代目に当たります。また、日本発の百貨店である「日本橋三越本店」、重要文化財としても知られる「日本銀行本店本館」なども、その歴史を刻んでいます。
一方で、2018年には約114ものテナント店を有す「日本橋高島屋S.C.」、2019年には「日本橋室町三井タワー」の1~2階に「コレド室町テラス」がオープン。新しい日本橋の顔も続々と誕生しています。
そんな日本橋駅には、東京メトロ銀座線や東西線、都営地下鉄浅草線などが乗り入れています。渋谷や上野、西船橋、三鷹など、各方面へのアクセスができるため利便性が高いエリアです。また、新幹線や各在来線の乗り入れる東京駅に徒歩で移動しやすく、地方への出張にも便利でしょう。
大手町は、都内屈指のビジネス街や官庁街として名高いエリア。国際的なビジネス拠点にもなっており、グローバルにビジネスを展開できる街とも言えるでしょう。近年では、「大手町連鎖型都市再生プロジェクト」として、基幹インフラを再整備し、さらなる進化を遂げているようです。また、環境先進国地区として、省エネ化、再生可能エネルギーの導入などにも積極的に携わっています。
そんな大手町駅には、駅直結で自然感をモチーフにした「OOTEMORI(オーテモリ)」や、2018年に再開発され26店舗を有した「大手町プレイス」など、商業施設でも栄えています。
東京メトロ丸ノ内線や東西線、千代田線、半蔵門線、都営地下鉄三田線など多数の路線が乗り入れているため、高い利便性を誇ります。また、東京駅にも徒歩で移動できるため、JR各線や新幹線などにもアプローチしやすいでしょう。
東京・丸の内・日本橋・大手町で、シェアオフィスを探してみてはいかがでしょうか?

続きを読む
TOPに戻る