大分県

大分県は九州地方の中で、最も四国に近い位置にあり、北東部には標高720メートルの両子山がそびえ、九州のコブと言われる国東半島が瀬戸内海に突き出し、西部には九重連山が連なっています。数多くの火山があり、地熱発電に利用され、大分県の地熱発電の年間供給量は全国1位となります。また、その火山は温泉の源泉地となり、大分県は源泉数4415個で全国1位、全国の源泉数の16.3%を占めており、別府温泉など温泉がの地域としても有名であります。また、愛媛県との間にある豊後水道は新鮮なしめあじや豊後牛などの、多くのグルメがあり、大分の観光名所の一つとなっています。大分県にはカボスという新鮮な果汁を絞って食べる柑橘類の特産品もあり、ジュースや瓶のカボス果汁は、贈り物として有名です。

続きを読む
TOPに戻る