長崎県

長崎県は県の面積の45%が島々で占められており、971の島を所有しています。海岸線の長さが北海道に続いて全国2位であり、面積が北海道の20分の1である長崎県の1つの特徴です。また、軍艦島が臨める野母崎や、世界文化遺産に登録された高島炭鉱の跡地がある高島など、歴史を感じつつ海や島の自然を楽しめる島々が多くあります。さらには、夜になると1000万球のLEDを使ったイルミネーションで知られているハウステンボスや、長崎ちゃんぽんで有名な、新地中華街などの観光地があります。また、江戸時代から貿易の拠点となっていた、出島も有名であり、築造当初ポルトガル人が住んでいた時代の護岸石垣や、その時代にポルトガル人から日本に広められたとされるカステラも魅力の一つです。

続きを読む
TOPに戻る