浅草・両国・錦糸町

浅草・両国・錦糸町の各エリアには、様々な特徴があります。
下町情緒を味わうことができ、日本を代表する観光名所である浅草は、江戸時代から繁華街の1つとして栄えていました。交通の便も良く、浅草駅は都営浅草線・東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線が通っており東京都心部と北関東を結ぶターミナル駅となっています。
両国は江戸時代からの歴史や文化が色濃く残る下町情緒あふれる街です。国技館があり相撲の街としても有名で、飲食店も多数あります。また、2016年には駅舎を改装した複合型商業施設「-両国-江戸NOREN」が完成し、伝統を大事にしながら現在も発展を続ける活気あふれるエリアです。
錦糸町は東京都が指定した7つの副都心の1つでビジネス街として繁栄してきました。そんな錦糸町エリアはJR錦糸町駅を境目に南北で雰囲気が異なる、特徴のある街です。南エリアは、場外馬券売り場(WINS)や多数の飲食店が立ち並び、昔からの歓楽街として栄えています。それに対し北エリアは、東武ホテルレバント東京やコンサートホールが建設され洗練された雰囲気になっています。

もっと読む