亀戸

亀戸は昔ながらの下町風情を残す住宅街です。かつて「日立製作所」や「第二精工舎」などの工場が建っており、高度経済成長時代には京浜工業地帯の一翼を担うエリアとして日本経済を支え続けた街です。工場の移転後には、その跡地に住宅団地や学校が整備され、都心からほど近い位置にある住宅地として変貌を遂げました。駅の周辺は当時の面影を残しており、「亀戸十三間通り商店街」や「亀戸五丁目中央通り商店街」などの昔ながらの商店街が今もなお栄えています。駅の北口には「アトレ亀戸」などの商業施設や大手銀行各支店、江東区亀戸出張所が集まっており、新たにビジネス拠点を構えるにもぴったりなエリアです。駅にはJR総武線、東武鉄道亀戸線が乗り入れているため、各地への交通アクセスも抜群です。

続きを読む
TOPに戻る