白金高輪

高級感のただようエリア、白金高輪。その名は、14世紀ころに銀(しろかね)で財を成し「白金長者」と呼ばれた柳下上総介の館があったことに由来しています。
一般的にセレブ向けの高級住宅街というイメージも強い一方で、下町情緒を感じさせる昔ながらの商店街、緑豊かな庭園を構える「八芳園」や「国立科学博物館附属自然教育園」といった心の落ち着くスポットも。
アクセス面では、白金高輪駅に都営三田線や東京メトロ南北線などが乗り入れています。飯田橋駅や目黒駅、六本木駅、日吉駅といった各方面にもアクセスしやすいです。また、白金高輪駅から品川駅まで地下鉄路線を延伸する計画もあるため、今後さらに利便性は高まるかもしれません。
これまで、地上43階建ての大型複合施設「白金アエルシティ」や超高層オフィスビル「NBFプラチナタワー」の開発が行われてきました。タワーマンションの開発も続々と進められ、職住近接のエリアとしての色合いを強めていくでしょう。
エリアブランドの高い白金高輪にオフィスを構えれば、企業のブランディングにも役立ちます。

続きを読む
TOPに戻る