【随時更新】世界で話題沸騰のコワーキングスペース!WeWork都内18拠点一覧<料金情報あり>

オープンスペース_お客様が待っている時間も楽しんでくれそうな空間ですね©WeWork

シェアオフィス・コワーキングスペース「WeWork(ウィーワーク)」は、世界101都市、616拠点で展開しています。「コミュニティ型ワークスペース」をコンセプトに、快適性や利便性、発展性のある空間を提供しています。2018年2月から日本にも進出したWeWorkの都内18拠点について、各エリアの特徴や施設の機能、ビジネスの成長につながる要素などを一覧にして一挙にご紹介します。

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWorkってどんな会社?

そもそもWeWorkはどんな会社で、どんなサービスを提供しているのでしょうか?

WeWorkは本社をニューヨークに置くアメリカの企業で、“To Create a world where people work to make a life, not just a living.”(ただ生きるためではなく、人生を満たすために働く世界を創造する)ことをミッションとしています。その言葉を反映するように、WeWorkのサービスはただシェアオフィスを場所として提供するのみに留まりません。

コミュニティ型のワークスペースを運営

WeWorkは、単に場所を提供するシェアオフィスやコワーキングスペースではなく「コミュニティ型ワークスペース」を運営しています。拠点ごとにコミュニティマネージャーがいることで、Weworkの会員同士がつながりやすくなっています。

他にも、週に平均3〜4回イベントの開催があったり、WeWorkの会員のみが使えるSNS(アプリ)があったり、新しく入る企業や個人のアナウンスなどを室内のデジタルサイネージで行ったりしていることで、会員同士の接点を増やす工夫をしています。

そのため、WeWorkにいるという横のつながりをきっかけに、スタートアップ企業と大企業が縁を結ぶことができたり、新しい取引先が生まれたりすることは日常茶飯事なのです。

シェアオフィスの枠を超えたユニークなサービスを提供

その他にも、WeWorkの発祥地であるアメリカでは福利厚生の提供をしていたり、ペットの同伴ができたりと、従来のシェアオフィスやコワーキングスペースとは一線を画すサービスを打ち出しているのが大きな特長です。

さらにユニークなポイントとして、WeWorkのシェアオフィス・コワーキングスペースではなんとビールを楽しむこともできます。シェアオフィスやコワーキングスペースにコーヒーや紅茶などのサービスがあるのは珍しくありませんが、ビールを無料で提供しているシェアオフィス・コワーキングスペースはとてもレアです。お酒をきっかけに会員同士の会話が発生することも珍しくないそうで、つながりを生むのに一役買っている存在です。 これだけでも、かなり個性的な企業であることが伝わるのではないでしょうか。

個性的なワークスペース

ワークスペースの作り方にもWeWorkのこだわりがあり、プライバシーや採光を確保しながらもオフィスで働く人同士の風通しをよくする工夫が多数なされています。

たとえば、日本のWeWork第一号店である六本木アークヒルズサウス。こちらはビルの16階・17階が吹き抜けの構造になっていて、開放感が感じられます。会議室はすべてガラス張りで、誰が何をしているのかがひと目でわかる構造です。

会議室の中には卓球台を机にしているスペースもあるため、会話のきっかけを作ったり、場を和ませたりしてくれそうです。

契約時には、共用ワークスペースの場合、席が固定されていて私物を置いておける「専用デスク」か、席が固定されていないフリーアドレス制のオープンスペース「ホットデスク」かを選ぶことができます。(一部どちらかが併設されていないオフィスもあります)

さらにプライベートオフィスも人数、予算により様々な選択をすることができますが、その仕切りはガラス張りになっています。働く人同士の風通しをよくしたいというWeWorkの願いが、こんな形で反映されているのです。

2010年に設立されたばかりの企業でありながら、WeWorkのシェアオフィス・コワーキングスペースを利用する会員数はすでに26万人以上。ここまで世界に広がっているのは、WeWorkの理念に沿って作られた使い勝手のよいワークスペースや、会員に寄り添ったサービスをしていることが大きな理由でしょう。

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWorkグラスシティ晴海

ビジネスエリアへのアクセスも楽々

2019年12月2日にオープン予定のWeWorkグラスシティ晴海は、大江戸線勝どき駅から徒歩10分で、都内のビジネスエリアにも簡単にアクセスできます。銀座や新橋には徒歩でも移動できる利便性の高い立地です。

視認性が高く落ち着いた雰囲気のオフィス

大通りに面していることから視認性が大変よく、かつガラス張りのハイグレードな見た目が安心感を与えてくれます。オフィスの周辺は再開発が進むエリアであり、郵便局やビジネスホテルも隣接しています。

共用ラウンジなど設備も充実

WeWorkグラスシティ晴海の総席数は1,017席。もちろん大人数の会議に対応した来客スペースや、おしゃれなオープンスペースも備えています。オフィス内にはプライバシーを保ちつつ電話会議ができるドア付きの電話ブースや、おなかがすいた時に軽食を楽しめる売店もあります。オフィスとしての機能を十分に備えている点が魅力です。

WeWork(ウィーワーク)グラスシティ晴海の施設紹介はこちらから

 WeWork(ウィーワーク)グラスシティ晴海

WeWork半蔵門 PREX North

半蔵門に2019年6月にオープンする予定の、WeWork半蔵門 PREX Northは半蔵門線半蔵門駅から徒歩わずか1分。有楽町線の麹町駅からも、徒歩5分の好立地です。メインオフィスとしての利用はもちろん、乗り換えが便利な利点を生かしてサブオフィスとして利用するのもおすすめです。

24時間営業がうれしい

24時間営業ですので、朝型の方も夜型の方も、自分が集中できる時間に合わせて利用することができます。ただし、他店舗と同じシステムであれば、平日9時から18時以外はコーヒーをはじめとするドリンクなどのサービスがない可能性もありますのでご注意ください。

フレキシブルにオフィスを広げられる

WeWorkは、フレキシブルな利用ができるところも人気の理由です。最初は一人で入居し、会社を立ち上げたり仲間が増えたりしたらその都度オフィスをWeWork内で拡張していくことが可能です。

レンタルオフィスとして使える「プライベートオフィス」や「オフィススイート」は、契約料金は月極なので来月からは広いオフィススペースに、といった移動や拡張も簡単です。ビジネスのステージの変化も楽しんでいけそうですね。

アメニティが充実

WeWork半蔵門North Prexには、これまでのWeWorkにはなかったマイクロ焙煎コーヒーが楽しめるコーヒーバーを設置。コーヒー好きの方や、作業を効率よく進めたいとき、軽く休憩したいときにもぴったりです。

料金はオールインクルーシブがおすすめ

オールインクルーシブの料金形態を利用することで、煩わしい業務から解放されます。たとえば、公共料金や諸費用のお支払いの手間を省くことができます。こうした細々とした事務的作業がなくなることで、さらにご自身のビジネスに集中できるようになります。

WeWork(ウィーワーク)半蔵門PREXNorthの施設紹介はこちらから

WeWork(ウィーワーク)半蔵門PREXNorth

WeWork渋谷スクランブルスクエア

渋谷駅にオープンする予定の、WeWork渋谷スクランブルスクエア。その名の通り、渋谷スクランブルスクエアというビルの中にあり、なんと渋谷駅にも直結しているため通勤がとても便利です。5フロアに3,500ものデスクを配置される予定で、日本のWeWorkの中でも最大規模を誇っています。

シェアオフィス・コワーキングスペース以外の場所でも刺激を受けられる

スクランブルスクエアのオフィスフロアには、国内有数のIT企業である「ミクシィ」や「サイバーエージェント」などの入居が決まっているため、シェアオフィス・コワーキングスペース以外の場所でも刺激が受けられそうな環境です。

瞑想室やテラスなど、設備が充実

基本的なシェアオフィスやコワーキングスペースとしての機能は他の場所と変わりませんが、瞑想室が設置される予定になっています。疲れた体を癒したり、マインドフルネスを実践する場としての活用も期待できそうです。また、テラスもできる予定なので、仕事に行き詰まったら渋谷の街を見下ろしながら休憩してみてはいかがでしょうか。

クリエイティブなアイディアがもらえる

WeWork渋谷スクランブルスクエアは、最先端のものが集まる渋谷という場所であることに加え、ラウンジは太陽光が差し込む設計です。レンタルオフィスとして使えるプライベートオフィスも洗練された空間なので、インスピレーションをもらえること間違いなしのオフィスになっています。

WeWork(ウィーワーク)渋谷スクランブルスクエアの施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWorkアイスバーグ

刺激の濃縮された街

最先端カルチャーが生まれ、ベンチャースピリッツの漂う街、渋谷。日々刻々と価値観の変容する街に触れるだけで、起業家やクリエイター、スタートアップで働く人たちの感性を刺激してくれます。

機能性豊かな特設ルーム

街で受けた刺激を思う存分、描ける空間がブレインストーミングルームです。書き込み可能な壁やスタンディングデスクは、アイデアの創出に寄与します。ウェルネスルームは、授乳や瞑想、祈りなどの用途にも利用できます。

ホストエクスペリエンスを提供できる

訪問先のおもてなしでコーヒーやお茶ではなく、ビールを出された経験を持つ人は少ないでしょう。アイスバーグでは、12時半から21時までビール飲み放題。「ビールでも飲みに行きませんか」といった具合でカジュアルに打ち合わせへ誘うこともできます。他にないホストエクスペリエンスを提供できるのも魅力です。

WeWork(ウィーワーク)アイスバーグの施設紹介はこちらから

Wework新宿南口

多くの企業がオフィスをかまえる新宿。WeWork新宿南口は、新宿駅から徒歩7分というロケーションで通勤にも非常に便利です。

ブレインストーミング専用ルームあり

WeWork新宿南口には、ブレインストーミング専用ルームが設置されています。インスピレーションがほしいときやアイディアを出し合いたいとき、積極的にディスカッションしたいときなどに活用できそうです。

インスピレーションを受けられる立地

徒歩圏内に新宿御苑や思い出横丁、歌舞伎町といった五感を刺激する場所がそろっているため、クリエイティブな仕事をしたいという方に最適です。お仕事で新宿に来た、ビジネスパートナーにオフィス周辺を案内してみてはいかがでしょうか。

イベントエリアももちろん充実

WeWork新宿南口のイベントエリアは、あらゆる用途での使用が可能です。たとえば、チーズの試食会からビジネスのプレゼンまで。イベントエリアを制する者が、WeWorkを制すると言ってもいいかもしれません。上手にイベントエリアを使って、横のつながりを広げていきましょう。

WeWork(ウィーワーク)新宿南口の施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWorkメトロポリタンプラザビル

2019年1月にオープンしたメトロポリタンプラザビルは、8路線駅である池袋駅のメトロポリタン口からすぐという絶好のロケーションのオフィスです。

専用席のみで確実に席を確保できる

現代的な高層ビル内のオフィスは、WeWorkらしいクリエイティビティや居心地のよさはそのままに生産性が重視されながら、リラックスできる空間としてデザインされています。ビジネスはとにかくスピードと利便性という方にはぴったりと言えるでしょう。ただ、こちらのメトロポリタンプラザビルには、フリーアドレス制のホットデスクは用意されていません。専用席があるほうがいいという方向きのオフィスとなっています。

WeWork(ウィーワーク)メトロポリタンプラザビルの施設紹介はこちらから

WeWork神保町

WeWork神保町は、各線神保町駅から徒歩3分。

おしゃれ度抜群!こだわりデザインのオフィススペース

静かで落ち着けるスペースながらも、ラウンジやプライベートオフィス、廊下にまでアートが施され、インスピレーションや刺激がもらえて感性が高まりそうなシェアオフィスになっています。神保町周辺には出版社が多いので、書籍関係のお仕事をされている方や、クリエイティブなアイディアが求められるデザイナーの方にぜひおすすめしたいシェアオフィスです。

WeWork(ウィーワーク) 神保町の施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWork丸の内北口

群を抜いた利便性

東京の中心地、丸の内。皇居からも近いこのエリアでは、コミュニティとビジネスを発展させるのに欠かせない要素が揃っています。高層ビル4フロアはWeWork専用。地下鉄、新幹線やバスなど、移動の利便性は都内でも群を抜いています。

インスピレーションが下りてくる空間

空間自体がアイデアに溢れるブレインストーミングルームは、書き込み可能な壁やスタンディングデスクを設置。普段得られないインスピレーションが沸き起こるかもしれません。

心を落ち着ける場所も

国籍問わず、さまざまなビジネスパーソンが皇居外苑のランニングや散歩を楽しんでいます。ミーティングで行き詰ったら、皇居外苑の散歩やオフィスの瞑想室で一息入れましょう。

WeWork(ウィーワーク)丸の内北口の施設紹介はこちらから

WeWork東京スクエアガーデン

パフォーマンスを最大限発揮できる空間

WeWork東京スクエアガーデンは、個人のパフォーマンスを高める計算された共有エリア、プロフェッショナル&ソーシャルイベントの開催などを用意しています。ビジネス規模に関わらず、適切なサポートをスタッフからも受けることができます。

創造性を高める周辺環境

拠点となる東京スクエアガーデンは、東京メトロ京橋駅に直結、JR東京駅、有楽町駅からも徒歩でアクセスできる利便性の高いエリアです。周辺には、アートギャラリーや建築ショールームなどがあり、創造性を豊かにしてくれるでしょう。

チームの絆を深める機会に

同施設内には、ショップやレストランが豊富にあり、クライアントの接待、チームの打ち上げにも便利です。食事を通して、チームメンバーの絆を深めることもビジネスの成長には不可欠でしょう。

WeWork(ウィーワーク) 東京スクエアガーデンの施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWork城山トラストタワー

洗練された快適空間

城山トラストタワーは、3フロアに及ぶ広いオフィススペースを用意しています。人々が高いパフォーマンスを発揮できる快適な空間。淹れ立てのコーヒーを飲みながら、洗練されたデザイン空間で行われるキックオフミーティングやブレインストーミングでは、日々熱い議論が交わされています。

主要駅から徒歩数分の好立地

東京メトロ「神谷町」「六本木一丁目」から徒歩数分という好立地も魅力の一つ。各方面へのアクセスも容易でストレスフリーな立地となるでしょう。日本有数のビジネス街には、日常を潤わせてくれる高級ショップやレストラン、美術館なども集まっています。

オンサイトスタッフによる充実したサポート

受付サービス、個人的な相談まで、WeWorkのコミュニティチームがサポートしてくれます。フリーアドレス制のホットデスク、固定の専用デスク、プライベートオフィスなど、利用プランに合わせてサポートを受けられます。

WeWork(ウィーワーク)城山トラストタワーの施設紹介はこちらから

WeWork新橋

グローバルビジネス地区へのアプローチ

「ビジネスマンの聖地」として名高い新橋は、人々の日常もビジネスも潤わせてくれます。汐留や神谷町、虎ノ門などのグローバルビジネス地区に位置しているため、国内外の企業へのアクセスも容易なエリアです。

ワークシーンに合わせて空間をチョイス

Wework新橋の1階、2階は、メンバーが自由に利用可能なホットデスクがあります。1階にはカフェスペースやソファースペースもあって賑やか。集中して作業したいなら、2階エリアが比較的静かで適しています。

オフィスにいるだけではもったいない

お昼は、良心価格の定食、食堂で午後の活動エネルギーを蓄え、夜は、居酒屋でメンバー同士のコミュニケーションを円滑にできます。オフィスを飛び出してコミュニケーションを取れば、チームの仲も自然と深まっていくでしょう。

WeWork(ウィーワーク)新橋の施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWorkギンザシックス

歴史と進化の街「銀座」

高級ショップやレストラン、エンターテインメントを集約した複合商業施設を拠点とするのがWeWorkギンザシックスです。長い歴史を持ちながら、日々刻々と進化を続ける街、銀座でビジネス発展のきっかけを得ましょう。

ビジネスの感性を磨く

館内の複合商業施設、周辺の歌舞伎座や博物館などの文化施設などで、一流に触れることができます。クリエイター、アントレプレナーとして感性を磨く機会に恵まれるでしょう。

あらゆるディティールに配慮

瞑想や授乳を行えるウェルネスルーム、ブレインストーミングルーム専用ルーム、銀座の街並みを楽しめる共有ルーフトップなど、WeWorkギンザシックスを利用する人々により快適な空間を提供しています。

WeWork(ウィーワーク)ギンザシックスの施設紹介はこちらから

WeWork日比谷パークフロント

主要地下鉄からのアクセスが便利

高層ビルの4フロアで展開するWeWork日比谷パークフロント。霞ヶ関、内幸町、虎ノ門、日比谷といった主要な地下鉄駅からのアクセスも便利です。日比谷公園近く、ランニングで軽く汗を流してから、出勤すれば仕事もはかどります。

イベントスペースを自由に演出

ラウンジでは、プロジェクターやサウンドシステム、照明コントロールなどを完備。多種多様なイベントに応じた空間を演出できます。メンバー同士のイベントで、ビジネス発展のきっかけにつながるかもしれません。

屋外スペースで違うひと時を

WeWork日比谷パークフロントでは、バルコニーや屋上などの屋外スペースを提供しています。コーヒーブレイクやヨガ、ランチ、ミーティングなどを、外の空気を感じ気持ちをリフレッシュして行えます。

WeWork(ウィーワーク)日比谷パークフロントの施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWork東急四谷

JR中央・総武線四谷駅から徒歩2分の場所に位置するWeWork東急四谷。

2019年3月にオープンした小路をイメージしたガラス張りのファサードを採用し開放的な作りの施設です。まるで掘りごたつのオープンスペース、瞑想や授乳などに使用できるウェルネスルームなど、心身を整えながら働きたいという方にぴったりのオフィスとなっています。

オープンスペースの設備も充実

プロジェクターや音響設備の整った、イベントなどを開催できるオープンスペースも無料で借りることができ、またここで行われる様々なセミナーに参加して、ビジネスのスキルを上げたり、他の利用者の人たちと交流もはかれます。

都内主要エリアへのアクセス良好

WeWork東急四谷は新宿駅と東京駅のちょうど中間というロケーションで、大手町や丸の内といったビジネスの中心街へのアクセスもしやすいので、よく行く会社や取引先がそのエリアにあるという方は検討してみてはいかがでしょうか。

WeWork(ウィーワーク)東急四谷の施設紹介はこちらから

WeWork(ウィーワーク)東急四谷

WeWorkアークヒルズサウス

グローバルビジネスを狙う六本木エリア

外国大使館や有名投資会社、高層ビルが立ち並び、グローバルビジネスの盛んな六本木エリア。ビジネスを掴むヒントを得られるかもしれません。六本木一丁目駅からは、徒歩数分とアクセスも容易です。

パフォーマンスを高めるラウンジ

ラウンジは、クリエイティビティや居心地の良さ、生産性、それぞれを重視して機能性に富んでいます。自宅のリビングルームのようにリラックスしながら、パフォーマンスを発揮できる空間です。

屋外スペースでリフレッシュ

WeWorkアークヒルズでは、バルコニーや屋上などの屋外スペースを利用可能。晴れた日には、ランチや軽い日光浴、読書を楽しんでもいいでしょう。外の空気を吸うだけでも、仕事の合間の気分転換になります。

WeWork(ウィーワーク)アークヒルズサウスの施設紹介はこちらから

都内にあるWeWorkオフィスの料金を一覧で比べる!

WeWork乃木坂

WeWork乃木坂は、東京メトロ千代田線の乃木坂駅から徒歩3分という好立地にあります。徒歩はもちろん、駐輪場もあるため自転車出勤も可能です。

ペット可コワーキングスペース

WeWork乃木坂の最大の特長は、愛犬も一緒に出勤できること。家に1匹でお留守番させるのは忍びない、わんちゃんとは一時も離れていたくないなんて愛犬家の方にとっては、かなりうれしいポイントですね。

こだわりのオープンスペース

その他にもゲームラウンジや、鍵付きのウェルネスルーム、屋外スペースと遊び心も満載の共用スペース、家のリビングのような和やかな作りのオープンスペースと、WeWorkらしい個性的なオフィスとなっています。

もちろん、世界中のWeWorkと同様に、イベントも多数開催されています。また、日によっては、軽食が振舞われる「デニッシュモーニング」というサービスも実施しています。水曜日以外の平日はフードトラックも来ており、ベジタリアン向けのメニューなども提供しているので、健康的な食事を楽しみたいという方にもおすすめのシェアオフィス です。

WeWork(ウィーワーク)乃木坂の施設紹介はこちらから

WeWork日本生命日本橋ビル

ディティールまでこだわったミーティングルーム

専用のミーティングルームでは、特注の壁紙、大理石のテーブルなど、細部までこだわった空間を用意しています。プレゼンやミーティングで高いパフォーマンスを発揮できる上質な空間を演出されています。

ビジネスのヒントを得られる街並み

日本橋は、日本銀行本店、東京証券取引所など、日本の経済成長を支えてきた建造物が多く並び、下町風景が今も残っています。未来のビジネスを創造するためのヒントを日本橋で得られるかもしれません。国内外からの来訪者を案内して、その魅力を伝えてみてもいいでしょう。

プロフェッショナル&ソーシャルイベントの開催

WeWork日本生命日本橋ビルでは、ビジネスを加速させるワークショップ、ゲストスピーカーによる講演会、チーズの試食会までバラエティに富んだプログラムを提供しています。人々との交流で新たなビジネスの発展を掴めるだけでなく、多様なプログラムで息抜きすることもできます。

レンタルオフィスとして使える「プライベートオフィス」や「オフィススイート」は、契約料金は月極なので来月からは広いオフィススペースに、といった移動や拡張も簡単です。ビジネスのステージの変化も楽しんでいけそうですね。

WeWork(ウィーワーク)日本生命日本橋ビルの施設紹介はこちらから

WeWork(ウィーワーク)日本生命日本橋ビル

まとめ

WeWorkの提供するシェアオフィス・コワーキングスペースは、各拠点で異なるオフィスカラーを持っています。各拠点の中で、最適な環境を見つけてみてはいかがでしょうか。非常に人気なスポットのため、満員御礼となっている場合には、OPEN直後、OPEN予定のワークスペースへの予約がおすすめです。

poster
JUST FIT OFFICE マガジン編集部
投稿者紹介
はじめまして!当サービスの執筆を担当している「JFO マガジン編集部」です。宜しくお願い致します。私たちは、オフィス探しに限らず、起業や創業、移転に付随する様々な情報をご提供させていただき、少しでも皆さまのお手伝いが出来ればと考え、執筆しています。

都内にあるWeWorkオフィスの料金一覧

WeWork(ウィーワーク)東急四谷 ホットデスク

四ツ谷駅(徒歩2分):中央線・総武線・丸ノ内線・南北線 / 麹町駅(徒歩6分):有楽町線 / 市ヶ谷駅(徒歩11分):中央総武線・有楽町線・南北線・新宿線
合計-
フリーデスク
合計65,000円/月

WeWork(ウィーワーク)乃木坂 ホットデスク

乃木坂駅(徒歩3分):千代田線 / 六本木駅(徒歩9分):日比谷線・大江戸線 / 青山一丁目駅(徒歩10分):銀座線・半蔵門線・大江戸線
合計-
フリーデスク
合計63,000円/月

WeWork(ウィーワーク) 神保町 ホットデスク

神保町駅(徒歩3分):新宿線・三田線 / 九段下駅(徒歩6分):東西線・半蔵門線・新宿線
合計-
フリーデスク
合計67,000円/月

WeWork(ウィーワーク)メトロポリタンプラザビル 専用デスク

池袋駅直結:JR・東京メトロ・池袋線・東上本線
合計-
専用デスク
合計101,000円/月

WeWork(ウィーワーク)半蔵門PREXNorth ホットデスク

半蔵門駅(徒歩2分):半蔵門線 / 麹町駅(徒歩5分):有楽町線
合計-
フリーデスク
合計72,000円/月

WeWork(ウィーワーク)渋谷スクランブルスクエア ホットデスク

渋谷駅直結:半蔵門線・銀座線・副都心線・山手線・埼京線・湘南新宿ライン・井の頭線
合計-
フリーデスク
合計83,000円/月

WeWork(ウィーワーク)リンクスクエア新宿 ホットデスク

新宿駅(徒歩7分):山手線・埼京線・湘南新宿線・小田急線・中央線・丸ノ内線・新宿線・大江戸線 / 新宿三丁目駅(徒歩6分):丸ノ内線・副都心線・新宿線 / 代々木駅(徒歩7分):山手線・中央総武線・大江戸線
合計-
フリーデスク
合計76,000円/月