調布・府中

明治大学和泉校舎を名前の由来にする、明大前。明治大学は、1881年に前身となる「明治法律学校」を岸本辰雄ら3名によって創立されました。1920年に明治大学となり、100年以上の歴史を誇っています。
学生街として根強い人気を持つ明大前ですが、ほとんどは住宅街となっています。北口から明治大学を抜けると、玉川上水緑地や和田堀廟、神田川などの緑ある住宅街が広がります。一方の南口も落ち着いた住宅街になっています。
駅前広間では学生向けのリーズナブルな飲食店が集積。周辺に、すずらん通り、学園通り、富士見通り、松栄会といった4つの商店街が軒を連ねているのも魅力の一つでしょう。また、駅前通りや南口のロータリーといった再開発も進んでいます。
明大前駅は、京王線や井の頭線が通っています。渋谷や新宿まで10分かからずアクセスできる程、立地の良さも魅力的です。同じ学生の街、下北沢へのアクセスも容易です。
多摩地区南東部に位置しながら、京王線特急で新宿まで15分、府中まで5分と好立地にある調布エリア。京王線直通の都営新宿線で神保町や御茶ノ水といった方面へ乗り換えなしで移動できます。また、駅から5分に中央自動車道調布ICが位置しているため、自動車移動にも便利な街です。
商業施設では、駅北口にパルコや西友、周辺に調布銀座や上布田商栄会、調布百店街、天神通商店街などが集まっています。さらに2017年にトリエ京王調布がオープン。イオンシネマを含む、飲食店やアパレルショップなどが立ち並びます。
他にも、約4,500種を植栽する神代植物公園、約40haの野川公園なども市内にあり、自然にも触れられる街です。
調布駅周辺には、布田駅や京王多摩川駅、西調布駅などが立地しています。周辺の駅を含めて、シェアオフィスやレンタルオフィスを検討してみてはいかがでしょうか。
自然と歴史ある街、府中。府中は、645年の大化の改新で国府を置かれ、歴史の始まった街です。鎌倉時代には幕府から各地を結ぶ鎌倉街道の一端を担い、江戸時代には家康が放鷹を行った場所としても有名。現在の市内は350カ所以上の公園を有す緑溢れる環境となっています。
1974年に始まり、半世紀近く行われていた開発事業では、2005年に約60店舗を構える「くるる」、2017年に100店以上の集まる「ル・シーニュ」などがオープン。特にル・シーニュは、商・公・医・住が一体となった複合施設で、新しい府中の生活拠点となっています。
府中駅には、京王電鉄が通っています。八王子や高尾方面、都営新宿線に直通して新宿や御茶ノ水などへのアクセスも可能です。周辺には、東府中駅や府中競馬正門前駅、府中本町駅、分倍河原駅などがあります。府中本町駅には、JR総武線、武蔵野線が乗り入れています。この線から川崎や横浜、浦和、西船橋といった各方面への移動できます。
比較的コストを抑えてビジネスをスタートできる明大前・調布・府中エリアでコワーキングスペースやレンタルオフィスを利用しませんか?

続きを読む
TOPに戻る