渋谷・恵比寿・代官山・中目黒

渋谷は新宿・池袋と並ぶ3大副都心とも呼ばれる主要なターミナル駅を中心に発展する街です。JRは山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、その他東急田園都市線、東急東横線、井の頭線といった複数の鉄道の駅が乗り入れています。
青山・表参道・原宿といった地域若者の街としてパルコ・109・マルイといったショッピングセンターが存在するセンター街のイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、桜丘町をはじめとしてIT系の企業が密集する地域でもあり、ビットバレーという呼ばれ方をされることもあります。
渋谷自体からは多少離れた場所にあったとしても、どの方面に移動したとしても隣の駅がすぐ近くにあり、それらの地域も表参道・中目黒・恵比寿といった有名な地域になるので、東京都内でもオフィスの賃料が非常に高いエリアになります。しかし、コワーキングスペースやシェアオフィス、レンタルオフィスといったスモールなビジネスをするのに対応するサービスなども集まっているため、予算規模に応じたビジネスのスタートアップをすることができる場所でもあります。
中目黒は、都心部にありながら落ち着いた住宅地の側面を持ちます。何と言っても、おしゃれなレストランが多く立ち並びます。レンタルオフィスやコワーキングスペースで働きながら、毎日のランチタイムが待ち遠しくなるでしょう。和食からイタリアン、カフェまで、その選択肢は幅広いです。中目黒のランドマークと言えば、目黒川の桜。春になると大勢の花見客が集まり、連日大賑わいです。さらに、ビジネスの息抜きにつながる東京都写真美術館や 、2016年に誕生し「SHARE」をコンセプトにした中目黒高架下も魅力的です。
中目黒の交通は、東急東横線、東京メトロ日比谷線が通っています。特急を利用すれば渋谷駅まで4分、横浜駅まで23分とアクセスも容易。さらに、日比谷線で、恵比寿や六本木、銀座、秋葉原、上野といったエリアでの商談にも行きやすいです。さらに、始発駅で混雑時に座席へ座りやすいのも一種の魅力でしょう。
都内でも屈指の人気スポット恵比寿。住んでも良し、飲食しても良し、働いても良しの三拍子揃った大人の街です。その歴史は、日本麦酒醸株式会社の工場用地として選ばれたことから始まりました。駅西側に集中するカフェやレストランに舌鼓を打ち、駅直結のガーデンプレイスの先にある美術館や映画館で文化体験もできる、多様な顔を持つのが恵比寿の魅力とも言えます。
恵比寿駅は、JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線の利用できる都内の主要駅の一つです。周辺にある代官山駅は、東急東横線で横浜や自由が丘、渋谷、池袋などへのアクセスも乗り換えなしで可能です。また、明治通りや駒沢通りにも面しているため、自動車でのアクセスもスムーズです。
言わずと知れたファッションタウン、代官山。街行く大人たちのファッションセンスに引け目を感じてしまう方もいるかもしれません。オシャレを象徴する街で、ハイセンスなシェアオフィスやコワーキングスペースを拠点に構えれば、事業発展のエッセンスともなるでしょう。その名前の由来は、江戸時代に「代官」の屋敷があったとする説、代官の管理する山林があったとする説とさまざまです。代官山のランドマークと言えば、複合施設「代官山アドレス」、超高層建築の「代官山アドレス ザ・タワー」など。飲食店、ブティック、オフィスビル、マンションの存在も目立ち、利便性も抜群です。
代官山駅へのアクセスは、横浜や渋谷、池袋にも足を伸ばしやすい東急東横線。渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」などの路線バスでも可能。また、恵比寿駅は、JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線などが乗り入れており、各方面へのアクセスも容易です。

続きを読む
TOPに戻る