日暮里・西日暮里

日暮里は、懐かしさ溢れる街。日暮里の由来は、江戸時代に「日暮しの里」と呼ばれたためと言われています。料亭から三味線の音が絶えず、日暮れまで遊んでも飽きない街として知られていました。
日暮里駅東側には、商業ビルや高層マンションがたくさん建っています。飲食店も多く、たくさんの人が集まるエリアです。一方、栄えた駅周辺を一歩離れると、住宅街が現れます。住みやすさと利便性の両機能を兼ね備えている街です。
また、駅西側にある「谷中銀座商店街」は、個人店を中心に約70店舗が並び、リーズナブルに目的の商品を手に入れられます。また、街のイメージキャラクターは、黒猫。商店街の至る所に招き猫が飾られており、7体存在する木彫りの猫は「七福猫」としても有名です。また、商店街の先には、千本鳥居のある「根津神社」が立地しています。「根津神社」は、パワースポットとして多くの観光客も訪れています。「谷中銀座商店街」や「根津神社」を散歩がてら歩いてみると、思わぬビジネスのヒントが転がっているかもしれません。
そんな日暮里駅は、JR山手線、京浜東北線、常磐線、京成電鉄、日暮里・舎人ライナーなどが乗り入れており、利便性の高い駅です。神奈川や千葉、北関東へのアクセスしやすい拠点駅となっています。周辺にある田端駅へも徒歩でアクセス可能。
西日暮里は、下町情緒の溢れる街です。日暮里駅からも徒歩圏内。都会的一面を持つ日暮里エリアに比べて、レトロな雰囲気が漂っています。西日暮里駅の西側には、昔ながらのお店や飲み屋が並ぶ繁華街が広がっています。昭和を感じるお店も多く、独特の雰囲気。夜には多くの人がお酒を飲みに来るため、とても賑やかなエリアです。
また、繁華街近くには「谷中の鎮守さま」と呼ばれる「諏訪神社」もあります。毎年8月に行われる例大祭では100店舗以上の露店が並び、大きな賑わいを見せます。
駅の東側は繁華街や歓楽街になっている一方で、西側は寺院や学校も多く、治安の良い落ち着いた街並みが広がります。ビジネスの拠点として駅の西側に事務所を構えてもいいでしょう。
そんな西日暮里駅には、JR山手線や京浜東北線、東京メトロ千代田線、日暮里・舎人ライナーが乗り入れています。東京駅まで15分、新宿駅まで20分とアクセスも便利。
懐かしさ溢れる日暮里・西日暮里エリアで、シェアオフィスやコワーキングスペースもなどのオフィス物件探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む
TOPに戻る